スリ(曇り)ガラス|千葉のガラス修理サポートは『ガラスサポート』へお任せください!地域最安で、最速を目指します。

ガラス交換エブリー
  • HOME
  • 出張エリア
  • お問い合せ

スリ(曇り)ガラス

スリ(曇り)ガラス

透明なフロートガラスの片面に、細かいキズをつけ不透明にしたガラスです。スリガラスや曇りガラスの他にも、つや消しガラスやケシガラスなどとも呼ばれています。
ガラスの表面にサンドブラスト加工でキズをつけるので、手で触れるとザラザラしているのが特徴です。
表面に光が乱反射することでガラスが乳白色に見えることから、目隠し効果が得られます。
太陽光を柔らかく通す特質があり、住宅の窓ガラスの他にも、店舗やオフィスのパーテーションにも使われています。

スリ(曇り)ガラスの3つの特徴

feature01
目隠し効果で外部からの視線をカット
ガラスが不透明で室内を目隠しする効果があることから、道路に面している部屋など、外部の視線が気になる場合に選ばれます。オフィスのパーテーションとしても多用されています。
feature02
直射日光を和らげカーテンいらず
太陽光を柔らかく均一に通し採光性が高く、直射日光を和らげることもできます。
カーテン使わなくても強い日差しを遮ることができることも、スリガラスの大きな特徴です。
feature03
デザイン性を演出可能でインテリアにも最適
いろいろなデザインを楽しむことができるので、インテリアとしても最適です。
サンドブラスト加工なしの部分にマスキングを行えば、バラエティに富んだ模様を表現することができます。

スリ(曇り)ガラスとフロストガラスの違い

スリ(曇り)ガラスとフロストガラスの違い
サンドブラスト加工を施したスリガラスは、キズがむき出し状態であることから水垢や埃が侵入しやすく、汚れを落としにくいデメリットがあります。
その点フロストガラスには薬品処理が行われていることから、汚れが入り込みにくく、お手入れもしやすくなっています。
スリガラスと違って、フロストガラスの表面を手で触ると滑らかで、単層ガラスは半永久的に使用することができます。その分価格も高額で、交換費用も高くつきますが、永く使うことを考慮すればフロストガラスにすることはとてもおすすめです。

お客様の声

お客様の声

家には小学生のわんぱくな男の子が二人いて、歳も近いこともありいつも喧嘩ばかりしています。家の中で暴れるのは日常茶飯事で、ガラス窓にも注意するようによく言い聞かせていたのですが、ついにその日がやってきました。
こっぴどく叱って二人で猛反省しておとなしくなりましたが、日曜日だったのですぐに修理してもらえるか不安でした。しかし、ガラスサポートさんは365日営業で、休みの日でも料金が高くなることもなく、スピーディに対応してくれて本当に助かりました。

お客様の声

玄関脇のスリガラスが割れてしまい、外からの目隠しが必要な窓だし防犯面でも危ないのですぐに修理をしてもらいたくて、ネットで探した他のガラス修理店に電話をしました。すると、スリガラスということで修理するのに数日はかかると言われてしまいました。
どこかすぐに修理してもらえるとこがないかと他のお店も見つけて電話をかけていて、4件目のガラスサポートさんが対応可能ということでした。正直修理代は高くても仕方ないと思っていましたが、料金も安くて感謝しています!
ガラスの片面にサンドブラス加工を施したガラスをほとんど見たことがないという方もおられるようですが、スリガラスには多くの需要があります。
お風呂場の窓や入口など、覗かれたくない場所は家の中だけではなくオフィスや工場などにもたくさんあります。家を建てた後にも、外から中を見られたくないという理由で透明ガラスからスリガラスに交換する方はたくさんおられます。

PageTop

無料見積フォーム